日々の思いを綴るblog


by shunamomoringo

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

駆け出しの頃。

昨日、以前にお仕事をずっと一緒にさせていただいていたクライアントの方が退職された。
会社に来てくれることになっていたが、仕事の都合により電話とメールでのあいさつとなった。私の移動によりここ2年ぐらいは一緒に仕事をすることは少なかったが、メールを打ちながら、彼女と一緒にした仕事を思い出していた。今と比べれば、当時の仕事量はたいしたことないかもしれないけど、あの時はあの時で忙しくて、毎日帰るのも遅かった。入社して一年を過ぎて自分にまかされることが増えてきたところだった。代理店との新聞の仕事と直接広告主とするパンフレット、それにともなう制作とのやりとり・・・毎日毎日走り回っていた。そんなとき彼女はほんと優しくて、仕事もやりやすかったし楽しかった。

今日、彼女からメールの返信がきた。いつもいっぱいいっぱいの私だったのに、とてもうれしいことを言ってくれていた。嘘でもうれしいとは、こういうことかもと思えるほど。あの時、精一杯やっててよかったと思った。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-29 00:55 | 仕事
ちょっとバカなことも含め、ついてないことがあったらブリジットジョーンズみたい、と妹と言うようにしている。
今日はまさにそんな日だった。

朝少し寝坊、仕方なく自転車で行こうとするが鍵が見つからない、部屋の中を探すが結局最初に見たはずの鞄の中にある。会社で名前を呼び間違える(恥かしい)、閉まろうとした自動ドアにぶつかる(手で押すタイプだったので、反応してくれなかった)、わざわざ内線でメールにCC入れとくからと言われたが、されてなく仕事に困る、とにかく仕事が忙しくなる、などなど。まぁ、これまでの私のブリジットジョーンズ的なことに比べればマシなほうか。

しかし、そんなことどうでもいいうように思えるような衝撃なことが仕事が終わって一段落ついたときに起こった。いつかはこんな日が来るかもと思っていたが、こんなに早くとは。自分より先輩が先に辞めるなんて、考えられない。同時に、考えないといけないある問題を逸らしていた自分に気づく。それから先輩といろいろ話す。それはそれでよかったが、やっぱりくったくたの今日にこんな話し聞きたくなかったよ~。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-28 01:08 | 日々のこと。

タイムトリップな週末。

この間の土曜は、恒例の大学の友達との集まりだった。
余裕を持って支度してたはずなのに、いつもぎりぎりになってしまう私。しかも、今日はどうしても遅れられないことがあり、1分1秒をも気にして急いで出かける。なんとか間に合う時間に地下鉄に乗りこみセーフ。はぁ、よかったと思い、持参した本を読み始める。本は出かける時の気分で取ってきた、石田ゆり子さんの天然日和です。

友の会はメンバーも全員そろい、学生時代の話から、恋愛の話や仕事の話、いや最近はもっぱら結婚話でしょうか、まぁとにかく盛り上がりました。ずーっと話してても尽きなくて、なんでも話題になる私たち。もちろん笑いも耐えない。それに、学生時代から何年もたっているのに変わらない。いいのか悪いのかわかりませんが、いいのよね。

その夜、知人とドライブへ出掛ける。それは、まるで夢のようだった。帰って爆睡してしまったから、よけいにそう思うのかもしれないけど。なんと、私がずっと行こう行こうと思いながら行けてなかった、学生時代を過ごした京都の町へ行ってきたのです。ドライブしてる途中に決まったので、もうその瞬間からかなりドキドキ。夢でなく現実だと思える証拠は、少し周辺が変わっていたから。4年間過ごしたマンションはぜんぜん変わってなかったけど、周りにいろんなお店ができていた。学生からしたら便利になっているのだろうけど、私が住んでたころは住むのに苦労しない程度に適度な場所にお店があって、それは、それでよかったなぁと思う。大学から東側が結構お店もいっぱいあって行きかう学生も多いのだけど、私が住んでた西側はどちらかというと学生は少なめ。それが結構よかった。なんか全体的に明るくなっていたような。でも、その他はほんと変わりなく、とても懐かしかった。

大学友達と話したあと、夜中に遊ぶという学生みたいなことをしてしまい、さらに、行き先は大学時代を過ごした場所。何だか昔に戻れたような貴重な体験だった。

日曜の夜、前日に電車のなかで読みかけていた本の続きを読む。その内容が、偶然にも夜中に昔暮らしていた町へ行くというお話しだった。「夜中に行うことに意味がある」と石田さんは言っていた。うん、私も身をもってうなずける。お昼はお昼でいいかもしれないけど、夜は夜でまたいいなと思った。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-27 01:44 | 日々のこと。

忘れてたこと

こないだの日曜は、矯正歯科の日だった。
それで、針金を変えてここのところ少し歯が痛かったのだけど、今日になってやっと普通にご飯を食べても痛みを感じないようになった。このことも、いつもの習慣のように慣れてきたようだ。
一般的な矯正装置をつけて9ヶ月にもなるし、違和感ももうなくなってきている。
でも、慣れてきたことが、いい面もあれば、悪い面もある。
矯正に対して緊張感がなくなったというか。。

矯正を始めて、これまで、ずっと、順調に進んできた。
けれど、こないだ行ったとき、以前に上の歯を広げたのが、また少し戻ってきていると言われた。それで、次行ったとき、少し広げる装置を付けるみたいだ。広げる装置といっても、最初に付けたみたいな、大きな装置じゃないみたいだけど。別にそれを付けることが、嫌なんじゃなく、それに、それでもし広がらなかったら、下の歯を抜かなくていけないので、広がってもらわないと困る。
けど、またしゃべりにくくなるのかなぁと思うと。まだ付けてみるまでわからないが。最初、矯正を始めたときは、もっと不安で、あのときの方がしんどかったのに、これぐらいのことでへこんではいけないよね。それに、あのとき、普通にしゃべれることの大切さを感じたはずなのに、いつの間にか。。。

今日、求人の採用面接に同席することになった。いきなり言われたのでちょっとあせった。休み明けで、頭もボーっとしてたので。まぁ、なんとか大丈夫だったが、少し緊張してしまった。いや、緊張するのは相手だろ?私が緊張してどうするって感じだったけど。もちろん、相手の方は緊張してる感じだった。なんかその感じと場の雰囲気が懐かしかった。

ときに昔のことを忘れてしまう。「初心忘れるべからず」ということをしみじみ思った今日だった。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-23 01:36 | 思うこと。

春よ、来い。

最近、なんかね~、駄目で。忙しいときは、それしか考えることがなくて行動にも無駄がないように思うのですが、ちょっと余裕がでてきたら、うまく時間が使えてないような。。要するに、怠けてるのでしょうか。

今日、外出すると春の訪れを感じるような天気だった。あたたかく、少し寒いような。そんな、春の匂いは、春が来たことのうれしさとちょっとした緊張感を私にもたらす。きっと、春は新学期の季節だからだろう。昔、同じような風の中で感じたことを、体が覚えているんだと思う。そして、何か始めないと、という気持ちにさせられる。そういえば、春が来たら何か始めなければと思うっていう話し、高一のときの国語の教科書の2つ目、壇ふみのエッセイ(教科書風にゆうとこ随筆)にもあったなぁ。

ずっとやらなくてはいけなかったこととか、やりたいこととか、ぜんぜんできてなくて、そういう自分にも苛立ってたので、少しずつやっていこう。何事も行動しなければ始まらないし。

それと、春を満喫しよう。寒さ嫌いの私にとって、この暖かさは何をとってもうれしいこと。よし、コートを脱ぎ捨て(実際ムリですが)、出掛けるのだ。家にいるのはもったいない、桜を見に行かねば。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-22 00:58 | 思うこと。

Paris of Art

ヘミングウェイの『老人と海』を読みながら京都へ向かう。
というのも、昼頃に起きてボーっとしていた土曜日、掃除をしてたら、京都・伊勢丹の美術館「えき」で開催している『ヘミングウェイが愛した街 1920年代巴里の画家たち展』のタダ券があることを思い出したのだ。私にとって心ひかれる作家&パリという絶妙の組み合わせ。これは行かなきゃと、夕方から出掛けることに。持っていく本はやっぱりこれ、アーネスト・ヘミングウェイ、ということなのです。

美術館は、遅くに行ったことから混雑してなく、よかった。いつも行ったときは混んでいることが多くて、館内であまり自由に動きづらいのだが、今回はかなり好きなように動けたし、じっくり見ることができた。私は絵のことに関してはぜんぜんわからないので、見たままただ自分が感じることを大切にし楽しむようにしている。昔のパリってこんなんだったんだぁって思ったり、モーリス・ユトリロの絵が印象的だった。あと、シャガールの絵がとてもかわいかった。

ヘミングウェイの本を読んでおけばいもっと深く見えたかもしれないと思うと少し残念。でも、これから彼の作品を読んでいくなかで自分がどう感じるかが楽しみでもある。今日のことが何か役に立つかもしれない。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-18 02:55 | アート

変わった平日

先週、病院へ行ったときに、今週も来るようにと言われていたのを思い出した今朝。確か木曜だった気もするけど、明日は忙しそうだし、行くんだったら今日の朝しかない!と思い、急遽行くことにした。それに、税務署にも行きたかったので丁度いい。まず、急いで、できたてほやほやの確定申告書を持って税務署へ。ええ、今年は医療費控除をしてもらうのです。初めてだからほんと心配だった。そのわりには、あまり説明書を見てないし、控えも書かなくてコピーすればいいと勝手に判断していたが。。。そして、早く仕事に行かなくちゃという気持ちが先走り、かなりあたふたしながら提出してしまった。控えのコピーも忘れてしまった。。まぁ少しお金が返ってくるし、とりあえず出せてよかったか。このお金も、矯正のちょっとしたご褒美だと思うことにしよう。(いやいや、ちょっと違うような。。)それにしても、去年はかなり病院へ行ったなぁ。

と思いながら、また病院へ急ぐ。やっぱり病院は混んでいた。それに、急いだことと病院の雰囲気でなんかしんどくなってくる。病は気からか?で、待つこと1時間弱、私の番が。先生といろいろ話す。それで、心電図をとることになった。いきなりで少し驚き。終わったあと、やっぱりなんかしんどい。けれど、心電図で異常はなかった。いや、ほんとよかったんですが、なんか異常がないときって、自分が大袈裟な人ではないかと思って少しはずかしくなる。ほんと異常がなくて良かったんですがね。やっぱりストレスかなぁ。先生も言ってたし。胃のむかつきはずっと治らいので、その薬をもらって仕事へ行く。途中、最近ちょっと気になっていたカフェでランチをとる。なかなかよかった。

仕事はなんか元気も出ず、もくもくと静かにこなす。そして、夜はゴスペル講座。最初は気分がのらなかったけど、だんだん元気に。やっぱり音楽ってすばらしい!!
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-15 00:00 | 日々のこと。

休息

体調が悪く、会社を途中で早退してしまった。。
週末、元気をいっぱいもらったのに。
いや、しんどいながらも絶対にやらなくちゃいけない仕事をこなして帰ってきたそのパワーは、ここからだと思うことにしよう。

帰りにかかりつけの病院へ。昨夜、最近はなかったが以前疲れたらよくでていた症状がでたので、ちょっと心配もあり、そのことも聞いてもらう。とりあえず、血液検査をし、薬をもらって帰る。
それからずーっと寝てたら、よくなってきた。

そして、気分もだいぶよくなってきたので、ブログでもかこうかと思ったので、あります。

仕事をしていてみつけたブログを紹介します。りばてぃさんの『ニューヨークの遊び方』というブログ。ニューヨークのいろんな情報が載っていて、いつも楽しみにしています。
ある時、朝の通勤中にとてもネガティブな気持ちになったことがあった。会社に着いて、久しぶりにそのブログを見たとき、そんな自分の気持ちが一新されるエントリーがされていた。「自分の心の声に耳を傾けるということの効果 」というエントリ。わたしは私をネガティブな気持ちにさせることについて何かのせいにして執着していた。いや、そうじゃないだろう、大切なのは自分がどう思うかだろうって、思ってきて、暗い気持ちが明るくなってきた。
自分が幸せな気持ちじゃないと、周囲の人も仕事もよくできない気がするし、あのエントリの言葉は、とても胸にきた。
やっぱり、“If you enjoy yourself, others will enjoy you."ですね。
自分の心の声に耳を傾けることを忘れずにいなくちゃって思う。
うん。だから、今日みたいな日は、ゆっくり、自分に優しく、でいいではないか。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-06 02:05 | 思うこと。

うれしくて。

ここ何週間かぐらい、仕事についていろいろ考えることや、うまくいかないこともあって、そういうのがたまってか金曜日かなりへこんでしまった。自分でも驚くくらい、頑張る元気を失っていた。

夜中、つらくなり、知人に話しを聞いてもらう。少しずつ、何が原因なのかが、自分でもはっきりしてくる。そうすると、気持ちも落ち着いてきた。私は、人に聞いてもらうことをあまりしないけど、こういうことも大切だなぁと実感。

次の日の土曜日は、母からめずらしく電話が。そして、偶然にも今の私にとって気持ちが楽になるようなことを言ってくれた。
そして、予約していた美容院へ行く。最近、髪が茶色いとよく言われるので、来週かしこまったこともあることだし、ちょっと暗くしようかと思い。美容師さんといろいろ話す。髪の色は思ったより暗くなった。
夜は、妹から電話がかかってくる。最近、やる気に満ち溢れている彼女と話をしているととても元気になってきた。そして、ビンゴゲームで当たったi-pod nanoをくれるという。かなりうれしい!

小春日和の日曜日は、仲良しの友達と遊ぶ。定番の京都へ。雰囲気いいイタリアンレストランでランチ、前から見たかった映画「幸せのちから」を見て、お茶というコース。お茶は、前回に行ったBALの1階の喫茶店へ。すごい種類の紅茶があり、紅茶好きの私としてはかなりいい。そのあとは、辻利でお土産を買って帰宅。時間がたつのがとても早く感じられたほど、楽しかった。

かなりへこんでいた金曜だったが、みんなのおかげで元気になった。とってもうれしくて、書き留めておこうと思った。
[PR]
by shunamomoringo | 2007-03-05 01:57 | 思うこと。