日々の思いを綴るblog


by shunamomoringo

休息

体調が悪く、会社を途中で早退してしまった。。
週末、元気をいっぱいもらったのに。
いや、しんどいながらも絶対にやらなくちゃいけない仕事をこなして帰ってきたそのパワーは、ここからだと思うことにしよう。

帰りにかかりつけの病院へ。昨夜、最近はなかったが以前疲れたらよくでていた症状がでたので、ちょっと心配もあり、そのことも聞いてもらう。とりあえず、血液検査をし、薬をもらって帰る。
それからずーっと寝てたら、よくなってきた。

そして、気分もだいぶよくなってきたので、ブログでもかこうかと思ったので、あります。

仕事をしていてみつけたブログを紹介します。りばてぃさんの『ニューヨークの遊び方』というブログ。ニューヨークのいろんな情報が載っていて、いつも楽しみにしています。
ある時、朝の通勤中にとてもネガティブな気持ちになったことがあった。会社に着いて、久しぶりにそのブログを見たとき、そんな自分の気持ちが一新されるエントリーがされていた。「自分の心の声に耳を傾けるということの効果 」というエントリ。わたしは私をネガティブな気持ちにさせることについて何かのせいにして執着していた。いや、そうじゃないだろう、大切なのは自分がどう思うかだろうって、思ってきて、暗い気持ちが明るくなってきた。
自分が幸せな気持ちじゃないと、周囲の人も仕事もよくできない気がするし、あのエントリの言葉は、とても胸にきた。
やっぱり、“If you enjoy yourself, others will enjoy you."ですね。
自分の心の声に耳を傾けることを忘れずにいなくちゃって思う。
うん。だから、今日みたいな日は、ゆっくり、自分に優しく、でいいではないか。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-03-06 02:05 | 思うこと。

うれしくて。

ここ何週間かぐらい、仕事についていろいろ考えることや、うまくいかないこともあって、そういうのがたまってか金曜日かなりへこんでしまった。自分でも驚くくらい、頑張る元気を失っていた。

夜中、つらくなり、知人に話しを聞いてもらう。少しずつ、何が原因なのかが、自分でもはっきりしてくる。そうすると、気持ちも落ち着いてきた。私は、人に聞いてもらうことをあまりしないけど、こういうことも大切だなぁと実感。

次の日の土曜日は、母からめずらしく電話が。そして、偶然にも今の私にとって気持ちが楽になるようなことを言ってくれた。
そして、予約していた美容院へ行く。最近、髪が茶色いとよく言われるので、来週かしこまったこともあることだし、ちょっと暗くしようかと思い。美容師さんといろいろ話す。髪の色は思ったより暗くなった。
夜は、妹から電話がかかってくる。最近、やる気に満ち溢れている彼女と話をしているととても元気になってきた。そして、ビンゴゲームで当たったi-pod nanoをくれるという。かなりうれしい!

小春日和の日曜日は、仲良しの友達と遊ぶ。定番の京都へ。雰囲気いいイタリアンレストランでランチ、前から見たかった映画「幸せのちから」を見て、お茶というコース。お茶は、前回に行ったBALの1階の喫茶店へ。すごい種類の紅茶があり、紅茶好きの私としてはかなりいい。そのあとは、辻利でお土産を買って帰宅。時間がたつのがとても早く感じられたほど、楽しかった。

かなりへこんでいた金曜だったが、みんなのおかげで元気になった。とってもうれしくて、書き留めておこうと思った。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-03-05 01:57 | 思うこと。
最近、ニュージーランドに関する広告の仕事をすることになった。
そこで、いろいろネットで情報収集をしていたときに見つけた一冊。
雑誌『Coyote 』No.15 の森と氷河と、ニュージーランドの小さな町特集。CoyoteのHPをまず、チェック。いい!、面白そう!と、興味あふれ広がるワクワクした感情が込みあがってくる。で、即座に、購入。
No.15 のニュージーランド特集f0032492_261251.jpgは、女優の山口智子さんが、実際に、ニュージーランドを訪れ、紹介している。今まで、ニュージーランドについては仕事で調べてきたが、これまで自分が思っていたニュージーランドとは違う面を知ることができた。星空がとても見たくなってきた。
HPと本誌を見て、この号だけでなく『Coyote 』という本に興味がそそる。
かわいくて、デザインもよくて、文章も多く読み応えがある、そしてなおかつアツイ!そこがいい。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-02-27 02:07 | 読書

できる女①

昨日、クライアントへ新しい仕事の打ち合わせに行った。
担当者は、以前に一回仕事をご一緒させてもらった女の方。
そのときから、思ってたのだが、“できる女”なんですよね~。その方。
なので、その人に会えることが楽しみでもあった打ち合わせ。
思った通りの、“できる女”っぷりを見てきました。何をいいたいかという根本的なことの説明をちゃんとしてくれる。これがしっかり解ればあとは、こっちでその最善の見せ方に力を注ぐのみ。それに、商品に対しての思いみたいなのも伝わってきて、頑張らねば、と思ってきた。

しかし、悲しいことに、先日だしていた違う商品のプレゼンは駄目だったことがわかった。あの案に対して、もっと自分がしなくてはいけないことがあったのではないだろうか。腑に落ちるまで考えてただろうか。落ち込む気持ちとともに、悔しさというか、反省の気持ちが。。

昨日の打ち合わせは、ちょっとぎこちないところもありつつも、楽しい、という思いもあった。打ち合わせをしつつ、いろんな考えがでてきて、いい方向にかたまっていくような。けれど、あのプレゼン案の社内打ち合わせでは、そういうのがなかった。
仕事に面白さをだし、みんなを巻き込んでいけるようになりたい。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-02-17 01:41 | 仕事
今年はこれまで以上に“音楽ある年”にしたいと思っていたのですが、幸運にも、とてもいい機会が巡ってきた。
ひとつは、伯母に、ジャルフェスティバルに呼んでもらったこと。もうひとつは友達からゴスペル教室に誘われたことです。

ジャズフェスティバルのその日は、仕事があり少し遅れて行くことになってしまった。しかし、ジャズが流れるなかの食事といい、デヴィさんのとてもいい話しといい満足だった。しかも、その日は母とそのまま会場のホテルで泊まったのだが、次の日、朝食をとりに行くと、前日惜しくも見逃してしまったジャズピアニスト、ハンク・ジョーンズさんに会うこともできた。
あとは、宇都宮直高さんの歌があまり聞けなかったことがとても残念。HPを拝見させてもらったら、最初から行けなかったことにとても後悔してきた。
けれども、ジャズフェスティバルに行けた事はやっぱりとてもうれしいし、伯母に感謝です。宇都宮直高さんにもこれから注目していこう。

そして、今週の水曜日は、同期の子とゴスペル教室へ行ってきました。ゴスペルは初めてだけど、映画などで見て、興味はもちろん!腹式呼吸の練習から始まって、Amazing grace の歌を練習。歌詞とメロディー(いろんなパートを習ったので)を覚えるので必死で、気が付けば、さっきの腹式呼吸はどこにって感じ。。最終的に私は、ソプラノのパートにしたので、CDを借りて次の時までに練習しておこうと思った。しかしながら、やっぱり歌を歌うのは楽しいね。みんなで、合わしているときがまたいい。全4回の講座のうち、この曲ともうひとつの曲を練習し、最後は教会でコンサートをするみたい。とても楽しみです!!

出足好調の“音楽ある年”。これからも、やりますよ。
また、日記に書いていきます。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-02-13 02:00 | 音楽

大切な一冊

よしもとばななさんの小説を舞台化した「哀しい予感」を見に行ってきた。この本は、私の好きな一冊でもあり、また思い出深い本でもあった。そして今日舞台を見てその気持ちがまた大きくなった。

これまで、舞台を見たことも少なかったので、その臨場感に新鮮さを感じつつ、物語は始まっていった。小説を読んだのは4年くらい前。少し内容を忘れかけてたところもあったのだが、芝居を見ながら物語の先がどんどん思い出されていくことに、少し驚きだった。好きだった言葉がちゃんと声になって物語を楽しめることや、私の好きな吉本ばななの世界を感じることができたことにとても感動した。それに、お芝居も面白くて、舞台の良さを知ることもできた。自分が思っている以上にもっと深い本なのかもって思わされたし。

本当は見に行くことを迷っていて、別に舞台はいいかなぁって思う気持ちもどこかにあった。でも、見に行ってすごくよかった。誘ってくれた方にほんとに感謝です。

この本は、物語とそれにある大好きな解説を含め、これまでたくさんの影響を私に与えてきてくれた。縁があるのだろうか。そして、今日また、これまでよりもっと、私にとって大切な大切な一冊となった。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-01-29 01:40 | 舞台

読書日記1 

江國香織さんの直木賞受賞作『号泣する準備はできていた』を最近読み返した。本当は、昨年、同僚から借りて読んでいたのだけど、気になることがあり、結局買ってしまった。

この本は12の短編集で、私がいいなと思ったのは『じゃこじゃこのビスケット』というお話。最初読んだときもこれがいいと思ったが、今回読んでも同じだった。というか、これ読みたさに買ったのだろう。

最後の方の、昔のことを思い返しているところに、なんとも言えない気持ちになる。私にもあるのだろう“じゃこじゃこのビスケット”が。いい思い出でもないのかもしれない、でも、言った瞬間に違う何かになるような気もする。きっと自分にとっては大切なことなのだろう。いつか、違う何かにならないように、誰かに話せたらと思う。

それと、解説が好きなエッセイスト&作家の光野桃さんだったので、テンションがあがった。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-01-23 01:21 | 読書

今年の目標

新年がはじまったので、今年の抱負を書きます。

たくさんの出会いがあって、そこから助けられたり、楽しいときを過ごせた昨年。本当に感謝の気持ちでいっぱいだった。
だから今年は、僭越ですが、私が少しでも誰かにとってのそういう存在になれるようしたい、と思うのです。一緒にいる人たちが、幸せな気持ちになれるような。

実は、去年の26歳の誕生日に立てた目標が、『伝える』ということでした。
私はこれまで、自分の思っていることをうまく言えられなかったりすることが多かった。それで、もっと自分の思いをちゃんと伝えていかなくちゃって思ったんです。それは、ほんの日常生活でもそうだし、仕事に関しても、恋愛にしても。仕事では、自分の考えを一緒にやっている制作の方にちゃんと伝えたり、自分が携わった広告を見てくれるお客さんに何か伝わるものをしっかりつくらなきゃって。

その『伝える』ってことが、『人を幸せにするもの』であるようにすることが、まぁ今年の目標ですかね。
あとは、今以上に“音楽ある年”にしたいな。

まだまだ、周囲に助けられてばかりの私ですが、少しでも、そうできるように日々頑張っていきたいと思います。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-01-14 20:30 | 思うこと。

須磨水族館へ

昨年、名古屋水族館へ行ったことをきっかけに、水族館好きになった私。
今回は、須磨水族館へ出掛けてきました。
いままで雰囲気を楽しむってのもあったのですが、いろんな魚がいて、勉強になったというか、ひとつひとつの魚をじっくり見ることができた。
意外に、ハリセンボウがかわいかったのと、穴を掘っている魚が面白かった。
イルカと近くで接することができたのもうれしかった!!

今年もたくさん水族館行きたいなぁ。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-01-09 01:05 | 水族館

2007のはじまり

明けましておめでとうございます。

このブログをはじめて一年がたちます。
が、ぜんぜん充実してないですね。。
よし、今年はブログのエントリを増やし、
充実させて行くぞ!という次第であります。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by shunamomoringo | 2007-01-05 00:17 | 思うこと。